体圧を均一に分散し寝返りの回数を抑える効果がある低反発マットレス「マックスシェアー」。

低反発マットレスの使い方にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

使い方の注意点などについても調べてみました!

 

 

低反発マットレスの使い方は?

低反発マットレスの使い方

敷布団の上に敷く

低反発マットレスを体に触れるように敷き布団の上にマットレスを敷いて、体圧分散性をあげるための役割をする。

 

低反発マットレスの独特なやわらかさを堪能するためには、自分の体に近い場所に敷くことが大切になります。

 

今使用しているマットレスなどの上に乗せることで、弾力を感じることができるのでそのように使用してください。

 

汚れ対策のために、全体にシーツなどをかけるようにしましょう。

 

低反発マットレスを効果的に使う際の注意点

敷布団と併用する場合は低反発マットレスの下に敷く

低反発マットレスと併用して敷布団やマットレスなどを使用する場合は、上ではなく下に敷くようにしてください。

 

低反発の上に敷布団などを敷いてしまうと低反発マットレスの意味がなくなってしまいますし、さらに言えば折角のマットレスも敷きふとんの重みでぺちゃんこになってしまうのです。

 

そもそも低反発マットレスは自分の体重の重みで身体に添うようにフィットしてくれるので、低反発マットレスの上に直接寝ると言うことが大切になってくるのです。

 

ですからマットレスの上には極力何も敷かないのが重要なポイントです。

 

 

 

 

低反発マットレス「マックスシェアー」のメリット

低反発マットレスの低反発素材は、NASAが宇宙飛行士のために開発した素材をヒントに研究され、作られました。

 

ロケット打ち上げの際の宇宙飛行士の衝撃を和らげるための素材だったのですが、これが人間の体温や体圧によって、反発力を変化させるため、体にぴったりフィットする仕組みとなるのです。

 

睡眠時、背骨がゆがんだ状態であると、首や腰に知らず知らずのうちに負担がかかりますが、低反発マットレスを使用することで、無理のない理想的な睡眠姿勢が維持できます。

 

包み込まれるような寝心地

低反発マットレスの特徴は何といってもその寝心地の良さにあります。

 

身体がじんわりと沈み込みマットレスにしっかりとフィットする柔らかさは他のマットレスでは味わえない特別な感覚です。

 

体圧を均一に分散

身体の重たい部分ほど深く沈み込むので、体の一部に負担が集中せず、体圧を均一に分散することに優れています。

 

そのため、長時間血行が妨げられることによる手足の痺れおきにくく横向きで寝る方にもおすすめのマットレスとなっています。

 

寝返りの回数を抑える

マットレスが硬すぎると体圧による知の滞りを防ごうと寝返りを繰り返し、しっかり寝たのに疲れが取れていないといったことがあります。

 

体圧分散に優れた低反発マットレスは寝返りの回数を適度に抑えられ、快適な睡眠をサポートしてくれます。

 

洗濯できるマットレスカバー

「マックスシェアー」の低反発マットレスには毎日清潔に使用していただけるように取り外して洗濯できるマットレスカバーが付属でついています。

 

カバーの入り口はファスナータイプなので、着脱も簡単に行えます。

 

肌触りのいいバイル記事を採用しており、寝心地のよさも追及しました。

 

 

 

低反発・高反発マットレス以外でおすすめなのはないの?

低反発・高反発のマットレスをどっちも試したけど。。

どちらも自分にはしっくりこない。。

どうすればいいんだーーー!

そんなときはこちらがおすすめです♪

エムリリー優反発シリーズ

ざっくりいうと、 低反発と高反発のいいとこどりしたという感じの物です!

低反発・高反発どっちもダメだった。。という方は試してみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

  • 低反発マットレスの使い方は以下のようになります。
  • 敷布団の上に敷く
  • 低反発マットレスを効果的に使う際の注意点
  • 敷布団と併用する場合は低反発マットレスの下に敷く。
  • 低反発マットレス「マックスシェアー」のメリットには以下のものがあります。
  • 包み込まれるような寝心地
  • 体圧を均一に分散
  • 寝返りの回数を抑える
  • 洗濯できるマットレスカバーが付属